生きてて良かった!- 茶 葉 tea’s -

〇〇〇?そいつに自由はあるのかい?

千原ジュニアさんとケンドーコバヤシさんに読んで貰いたい解体屋さんのお話 パート5

こんにちは、チャバティ64です。

仕事はお茶の販売をしています。

BASEの「茶ばしらオーソリTea」(ちゃばしらオーソリティー)と

いうショップを趣味で運営しています、よろしくお願いします。

 

今日は「矢沢永吉さん」の「アイ・ラブ・ユー、 OK」からスタートです。

40数年来の大ファン永ちゃんの泣かせる名曲です。

ボクはランドセルのフタの裏に名前ペンで「E.YAZAWA(Zがカッコイイやつ)と、書いて小学校に通っていた筋金入りです。

いくつになっても永ちゃんカッコイイ!最高(サイコゥ)!

 

f:id:tyabatea:20180811014022j:plain

(キャロルのポスターにもあるCB750K2です ノーマルに戻しました)

 

さて、テンションが上がったところで昨日の続きです。

 

「これじゃないですか?」

ボクはマフラーを指さしました。

「よくわかったな?」おやっさんは言いました。

 

「なんとなく似合いそうだったもんで」

友人も息をのんで見守ります。

 

「結構サビてますけど、これはおいくらでいいですか?」

サビを強調してまけてもらう作戦です。

(当時のマフラーはすぐにサビるので凹みがないほうが大切でした)

 

「これはイイやつだから高いぞ!」

おやっさんはそう言って腕を組み目を閉じました。

また、考えてないくせにひっぱります。

 

「う~ん、レース用だからなぁ」

「ドキッ、バレてる?」心の中でヤバいと思いました。

レーサーについていればすべてレース部品とは限りません。

レース部品は高額で入手が難しいものです。

しかしこいつは...。

 

そうです、一般には販売されていない「モリワキ フォーサイト レース管」です。

超がつくプレミアムモデルです。

当時のノービスレースでもレギュレーションでサイレンサーの先端が路面と水平になっていないといけないため、サイレンサーの先端にバッフルがついていて曲がっていたため、ボクは「これだ!」と気付いたのです。

 

「こりゃマズいな」予算はあと7,800円しかない。

ボクは話題を変えるためおやっさんに聞きました。

「ちなみにキャブもあるんですか?」

 

「あるよ」(二度目の田中要次さん風)

 

「それはどこにあるんですか?」

「これだよ」

カゴの中に乱雑にキャブが数個入っていましたがすぐにわかりました。

「ボディの横に赤字でCRの文字」

 

こいつだ!

 

そうです京浜CRキャブレターです。

しかもアルミのショートファンネルがついています。

「ほしい!RSにつけようかな?」(無理)

 

「それとセットだったらおいくらですか?」

ボクは勝負に出ました。

 

「セットか?高いぞ!」

 

もうヤケです。

さらに再考をかさね腕を組みます。

また、カッと目を開き言いました。

 

「ん~ん、そうだなマフラーは5,000円だな!」

「セットならキャブは2,000円でいいよ」

 

「マジすか?」友人が言いました。

 

「やっぱ高すぎるか?」おやっさんが言いました。

「いや、いいです、外す手間もないですから」

 

ボクはに巻きました。

 

とりあえず即決で合計9,200円支払いパーツを外しにいきました。

もちろんマフラーとCRは先に車に積んでおきました。

当時でも「セットで100,000円払ってでも」欲しい人はいっぱいいたと思います。

 

帰りの車の中で「RPM管盗んだ奴に感謝だな!」と訳の分からないイカレた会話」をしながら帰った覚えがあります。

 

今日のお話はここまでです。

このお話は明日に続きます。

 

あなたの今日がステキな一日でありますように!

チャバティ64でした。