生きてて良かった!- 茶 葉 tea’s -

〇〇〇?そいつに自由はあるのかい?

好きな街と場所 №4【神奈川県横浜市】

こんにちは、チャバティ64です。

 

今日は若い頃のお話です。

今となれば笑える話ですが、当時は、かみさん(結婚前)には、あきれられるわ、つれにはバカにされるわで、大変でした。

おもしろいネタだと思ったんですが、正直に話さない方がいいこともあるんですねぇ(笑)

 

仕事は、いい香りのするお茶の販売員をしています。

BASEで「お茶の葉園」(あいばえん)

というショップを趣味で運営しています。

よろしくお願いします。

 

f:id:tyabatea:20190728191208j:plain

どこで撮ったか忘れちゃった(笑)

 

 

コード№4 横浜

特徴 異国情緒が味わえる。

場所 横浜市山下公園周辺

 

「ステキな街」と言えば、一番に思い浮かぶのは横浜ではないでしょうか?

山下公園港の見える丘公園、中華街、見どころ満載、異国情緒満載のステキすぎる街です。

 

一本路地に入れば本当に外国かと思うくらいの場所も多く、好奇心旺盛なボクは面白おかしくデンジャラスに遊ぶことが出来ました。

 

そんな中で、思い出深い「外国人墓地」でのことです。

今から30年ほど前のことです。

まだ外人墓地などと呼ばれていました。

 

観光で墓地へ行くなど酔興と言うか、無謀と言うか?

お昼ご飯を食べ終わり腹ごなしながら、変わった墓石を見物していました。

そこへ、金髪のものすごくかわいらしい女の子がこちらへ走ってきました。

 

歳は14~18歳(中~高生)ぐらいでしょうか?

近づいて着たその少女は金髪も美しく透き通るような青い目でボクを見ています。

まさしく異空間に迷い込んだ気がしました。

現在なら「世にも奇妙な物語」のワンシーンのようです。

 

「こんに~ちは」少女はニッコリ微笑みかけて来ました。

まさにお人形さんのような少女に「日本語で挨拶」をされ緊張してしまいました。

今なら落ち着いて対応できると思いますが、当時若造のボクは「何が起こっているんだ?」と戸惑うばかりでした。

 

とりあえず「こんにちは」と、ニッコリ笑顔で返しました。

少女がさらに近づいてきて「わた~しは、キリスト教のために募金をしていま~す」と言いました。

「なぁ~んだ、募金かぁ」訳が分かり、ちょっとホッとしたような気がしました。

 

ポケットから小銭(財布はリュックの中)を取り出そうとしたとき、その少女は「500円なら握手します、1000円ならイイものあげま~す」とモジモジしながらいいました。

 

いまなら、どっかのアイドルじゃあるまいし、握手って(笑)

でも、イイものってなんだ?

若造のボクは、とても気になる言葉にまんまと引っかかっています。

 

布教活動だけに、神に誓って下心があるわけでも何かを期待するわけでもありません(ドキドキ)

イイものとは何か気になるのです(笑)

 

30年前のボクは、迷うことなく1,000円を募金しました(大笑)

 

そうしたら...

 

カセットテープをくれました。

タイトルは「天使の歌声」だったと思います。

聞いたらゴスペルのようなもので声は美しく、それはそれで(どれ?)とてもイイものでした。

 

二年前に、横浜に遊びに行った(ビルズに朝御飯を食べに)とき、この話を思いだし、四人で外人墓地に行きました。

募金の人はいませんでしたが、息子達が引っかかってくれたら笑えたのになぁ。

 

ちゃんと、オチのある若い頃のいい思い出です。 

息子の友人たちにも、爆笑間違いなしの鉄板ネタですよ!

 

いまなら間違いなく2000円募金します(笑)

 

 

今日のお話はここまでです。

あなたの今日がステキな一日でありますように!

チャバティ64でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村